ヘアメイクのノウハウを学ぼう|手に職をつけられる

資格取得で実力を示す

関連資格の取得もお勧め

アイロンをかける人

適したヘアメイクによって、個々の魅力は数倍にもアップします。
さらに、本来とは異なる新たな魅力を生み出したり、コンプレックスを隠したりすることも可能です。
そのため、自分を美しく見せることを希望する人々から、ヘアメイクアーティストには高い需要があります。
特にモデルや花嫁からのニーズがあるので、CMやファッション誌の撮影現場、ブライダルサロンなどではヘアメイクアーティストがたびたび募集されています。
しかし素人がいきなり応募しても、採用される可能性は低いと言えます。
たとえ独学でヘアメイクにおける優れた技術を身につけていたとしても、採用試験や面接の際にはそれを披露できないことが多いのです。
そのことから、ヘアメイクアーティストとして働くことを希望する人の多くが、専門学校に通っています。
専門学校ではヘアメイクについての技術や知識を得たり、色彩やデザインにおけるセンスを磨いたりすることができます。
そのため専門学校の修了証明書があれば、それだけで採用試験では、ある程度の実力があると認めてもらえるのです。
また専門学校によっては、ヘアメイク関連の民間資格や美容師資格を取得するための学習ができます。
取得しておくと、より採用されやすくなりますし、採用後の待遇も、多くの場合は資格手当によって良くなります。
さらに美容師資格の場合は、ヘアメイクアーティストとしてだけでなく、ヘアスタイリストとしてヘアサロンなどで働くことも可能となるのです。
より広い世界で実力を発揮できるようになるので、そのためにも専門学校には多くの人が入学しています。

いくつかの資格を取得しておく

女性

ヘアメイクに関する仕事に就くためには、どのような資格を持っておくべきでしょうか。
また、資格を取るための学校などについても詳しく述べていきます。
まずヘアメイクのみに関する資格というものはなく、学校などでは美容に関する様々な資格を取っていきます。
その中には例えば、日本メイクアップ技術検定試験や色彩検定、着物などの着付けに関する資格などがあります。
この中でヘアメイクに関する最も主要となる資格が、日本メイクアップ技術検定試験でスキンケアやカウンセリング、フルメイクなどメイクに関する基礎的な試験となります。
1級から3級まであり、順番に試験を受けて級を上げていくことができます。
ヘアメイクの仕事に就くためには、美容師の資格を必ず取らなければならないというわけではありません。
しかし幅広い知識を持つことや就職先などの分野が広がるなどのメリットがあるため、取得する方も多いです。
学校によっても、美容師資格を取れる学校と取れない学校がありますので、自分の進みたい道によって、学校を決めることが大切です。
資格というものは、取っておいて損するものではありません。
様々なヘアメイクや美容に関する資格を取っておくことで、就職を有利に進めることができたり、将来進む道を限定することなく多くの可能性を持つことができます。
また、技術を持っているという確実な証明となるものです。
なるべく学校に通いながら、多くの資格を取っておきましょう。

美容師資格があると有利

ヘアセット

ヘアメイクの技術を身につけたいという若い人が増えていますが、基本的にヘアメイクのための資格というのはないのです。
資格がないということは誰でもヘアメイクの仕事ができるわけですが、顧客を増やすためにはそれに準ずる資格を持っておいた方が有利です。
それは美容師資格です。
ヘアメイクの仕事をする場合、既存店に就職をするのが最も多いケースです。
その時に美容師資格があれば採用される可能性が高くなります。
また美容師資格があると、多方面の仕事ができるようになります。
ヘアメイクの専門学校を選ぶ時も、美容資格が取れる学校を選んだ方が仕事の幅が広くなります。
ヘアメイクの仕事をする場合に持っていると便利なのが、美容業界の団体が発行している資格です。
そのような資格には、日本メイクアップ技術検定試験、色彩検定、着付けの資格などがあります。
特に日本メイクアップ技術検定試験ではメイクアップ方法やスキンケアなど、基本技術を身につけることができます。
ヘアメイクの仕事を目指す人の中には、ヘアメイクアーティストになりたいケースも増えています。
ヘアメイクアーティストはヘアセットだけでなく、メイクもできなければならないのです。
このような場合はやはり美容師資格と日本メイクアップ技術検定試験の資格を取得した方が有利です。
このようにヘアメイクの仕事は、やる気によって仕事の幅を広げることができるという特徴があります。
勉強する前に自分が目指す仕事を決めておくと、必要な資格をスムーズに取得することができます。